漫画を描く手順は大事!



>>初心者のためのマンガ講座★ プロが教える「漫画の描き方」41日間プログラム



実際に漫画を描く場合、どんな手順で進めればよいでしょう?

たぶん、ほとんどの人達はストーリー漫画を想定している事と思います。

ですから、まずストーリーを考える事になりますね。

それには、プロットと呼ばれる大まかなあらすじを作らなければいけません。

なるべく日頃からメモやスケッチブックなどに、思いつくたびに書き取っていくようにしましょう。

先ず、最初の段階では、高校三年生の女の子を主人公にした作品にしたいとか、サッカー漫画にしたいといった大まかなものでいいと思います。

そこから徐々にストーリーを膨らませていきましょう。

中には、最初に登場人物を描いて、その人物に似合うストーリーを考えるという漫画家もいます。

しかし、基本的にはストーリーを考えてから、それに合わせた登場人物像を作り上げる事の方が多いかもしれません。

ストーリーが決まったら、鉛筆で下書きを作ります。

その時には、枠組みの形、人物の構図や表情、フキダシとそのセリフなどを大雑把に描くのが一般的になります。

1通り下書きが終わったら、黒インクでペン入れ作業を行いましょう。

ペン入れは丁寧に行って、よく乾燥させます。

完全に乾いたら、下書きを消して、仕上げの段階に進みます。

ベタの部分を塗り、ホワイトによる修正を入れ、スクリーントーンなどで体裁を整えていきます。

最後に台詞を入れて、間違いいがないか確認すれば完成になります。

実際には、この途中段階で、背景の建物や時代に合ったファッションなど、いろいろな資料集めが必要になるでしょう。



>>初心者のためのマンガ講座★ プロが教える「漫画の描き方」41日間プログラム



記事一覧へ!
<PR>

漫画家になるには!その秘訣を公開中!

節約する方法・節約術

胸を大きくしたい?それなら簡単バストアップ方法を教えます!

脇が臭い?ワキガ対策を教えています!